いんなぁとりっぷの霊友会

霊友会TOP
プライバシーポリシー
English Site
お問い合わせ
霊友会雅楽部創立50周年「霊友会雅楽部第三十四回定期演奏会」を開催しました

 11 月 28 日(土)、霊友会釈迦殿小谷ホールにて、「霊友会雅楽部第三十四回定期演奏会」を開催しました。今年で創立 50 周年になる霊友会雅楽部。34 回目となる今年の定期演奏会は、雅楽の中でもポピュラーな曲を中心に、二部構成でお送りしました。

 第一部は管絃(かんげん)。雅楽の最も代表的な演奏形態で、舞(まい)を伴わない器楽のみの演奏です。「平調音取(ひょうじょうのねとり)」に続き、「皇麞急(おうじょうのきゅう)」、「陪臚(ばいろ)」、「鶏徳(けいとく)」を演奏しました。休憩を挟み、第二部は舞楽(ぶがく)。舞楽は、インドや中国から伝わった左舞(さまい)と、朝鮮半島から伝わった右舞(うまい)という系統に分けられます。今回はその中から、左舞の代表的な舞楽「五常楽破・急(ごしょうらくのは・きゅう)」と、右舞の代表的な舞楽「仁和楽(にんならく)」を披露。会場は幻想的な雰囲気に包まれました。